ハイビスカスの育て方

◆ハイビスカス◆

科名:アオイ科

属名:フヨウ属

別名:ブッソウゲ・仏桑花

生育期:春~秋

開花期:6月~11月

場所:日なた

水やり:水を好む

植え替え:4月、5月

肥料:5月~9月

【育て方】

日光がよく当たる場所を好みます。

夏の暑さや、直射日光にも

強いです!!

ですが、いくら強いとはいえ水切れを起こしたり、暑すぎると株が弱ります。

こんな時は半日陰に移動しましょう。

はガラス越しの日光が当たる暖かい室内で管理します。

直接暖房の風が当たると枯れることもあるので注意しましょう。

5℃~10℃程で冬越し出来ます。

5月から10月までは庭植えにすることができますが、寒さに弱いので冬は掘り起こして、室内に取り入れましょう。

寒さに弱いのですが、戸外で11月ごろまでお花を付けているのを見かけます。

地域によって温度差があるかと思いますが、10月中頃には室内に取り入れる事をオススメします。(大阪ではほぼ戸外での越冬は無理なので、室内に取り入れます。)

その時に、剪定を行う事で根への負担を減らします。

霜がほとんど降りないような地域では戸外でも冬越しします。

水やり

春から秋は土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。

特によく開花しているときは水分の吸収が盛んなので、水切れに注意してください。

※水切れを起こすと蕾が咲かないまま落ちることもあります。

ただし、これを気にし過ぎて水をあげ過ぎてしまうと、これもまた蕾が落ちる原因になります。

土の表面が乾いているかを確認してから水やりをしましょう。

冬は控え気味に管理します。
庭植えの場合は、乾燥が続くときはたっぷりと水を与えます。

肥料

春から秋の成長期に、化成肥料(マグァンプKなど)などを規定量よりやや多めに施します。

庭植えの場合も同様です。

肥料がをやらずにいると、花付きが悪くなります。

開花の時期が長い分、追肥を行うことで花が良く咲いてくれます。

病気・害虫

病気:ほとんど心配ありません。

害虫:アブラムシ、カイガラムシなどが発生します。

購入時に、予防として害虫用のスプレーや、オルトラン等を撒いておくことをオススメします。

植え替え

鉢植えは、1~2年に1回は必ず植え替えをします。

鉢植えを購入した際は、小さめの鉢に植えられていることが多いです。

一回り大きな鉢に植え替えたほうが水管理が楽になります。

適期は5月から6月です。

植え替えを怠ると、生育が衰えるだけでなく立ち枯れを起こしやすくなります。

鉢を大きくしたくない場合は、枝を三分の一ほど切り詰めます。

鉢から株を抜いてから、新しい鉢に植え替えします。

土は崩さないでください。

ハイビスカスは根が傷つくと生育不良を起こします。

植えつけ

鉢植えを購入した際は、小さめの鉢に植えられていることが多いです。

一回り大きな鉢に植え替えたほうが水管理が楽になります。

庭への植えつけは5月から6月に行い、事前に腐葉土などの化成肥料をよく混ぜてから植えつけます。

冬越しのための掘り上げは10月いっぱいまでに行います。

鉢上げの際、肥料などは不要です。

ふやし方

さし木:4月中旬から6月、枝を10cmほど切ってさします。

葉がたくさん付いている元気な枝を選びましょう。

さし床には水はけ、水もちのよい清潔な用土(鹿沼土、赤玉土)などが適します。

剪定:花が咲き終わった10~11月頃に剪定を行います。

全体を1/2~1/3ほどまで切り詰めましょう。

親枝から生えている小枝を選び、外芽の数mm上あたりで切り落とすとよいですよ。

切り取った枝の切り口が茶色になっているのは枯れている証拠で、切り口が緑色になっている枝は元気がある証です。

花がら摘み

ハイビスカスは、花が咲いたらその日のうちにしぼんでしまいます。

咲き終えた花は、すぐに摘み取りましょう。

放っておくと花がらは自然に落ちますが、カビが生えやすいので、やはり摘むことを大切です。

【開きかけの花と、しぼんだ花の見分け方】

ズバリ!雄しべ(花粉)です!!

「ハイビスカス蕾」の画像検索結果

ハイビスカスの花はしぼむと、花弁が閉じ、花弁から雄しべがつきでます。

「ハイビスカス蕾」の画像検索結果

こちらは、蕾です。

蕾の場合は花弁の中に雄しべが入っているので見えません。

ここが見分けるポイントです!!

特に5~10月の生育期間は、毎日欠かさないことがポイントです。

摘み取りを行うことで、次の花や翌年の花へ養分をまわせ、元気な花を咲かせやすくなります。

ただ、種がほしいときはいくつか咲き終えた花を残しておき、採取しましょう。

また、冬から春先にかけて、葉っぱが枯れて落ちはじめるので、落ち葉や枯れた葉は早めに切り取りましょう。

ハイビスカスを元気に育てるポイント!!

水と肥料をきちんと与えること。

日当たりの良い場所で育てること。

 (暑すぎるときは日陰へ)

越冬させるには、寒くなる前に室内へ。

花がらはきちんとを摘み取ること。

「ハイビスカス」の画像検索結果

春から秋にかけてたくさんの花を付けるハイビスカス♫

是非、皆さんも挑戦してみて下さい!(^^)!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする