活力剤の使い方間違っていませんか?

鉢植えの観葉植物の根元に刺さった緑色の小さなボトルが「活力剤」です。
実際に植物を育てていらっしゃる方の多くの方がご存知の物だと思います。

活力剤 に対する画像結果

多くの方はこう思っていると思います。

【活力剤】=【肥料】

これは、間違いです。

活力剤は、観葉植物を育てている方にも誤解されているようです。

正しい使い方を紹介します。

まず、活力剤と肥料では植物に表れる効果が全く違うんです!!

【活力剤】

活力剤とは、植物が弱っているときに、元気になる手助けをしてくれる物です。

植物が弱っている時に肥料を与えるのは逆効果です。

植物を育てていらっしゃる方なら一度はこんな経験があると思います。

肥料もあげている。水やりの管理もしっかりできている。

日照不足でもない。

なのに、『元気が無いなあ』『葉の色が悪いなあ』など。

こんな時、活力剤の出番です!!

・葉脈以外の部分の色があせて黄白色化する

・葉が小さく白っぽくなる

・若葉が黄色くなって、先端が枯れ落葉する

・葉がねじれ、萎縮する

・果実が落下しやすくなる

こんな症状がある時、活力剤を使います。

落葉してしまった葉や、黄色や茶色になった葉が元に戻る事はありません。

ですが、これらを食い止める力を持っているのが活力剤です。

活力剤は、肥料ではなく栄養ドリンクのような物なのです。

土に挿すだけなので、手間もかかりません。

他にもオススメしたいのが

【ハイポネックス 速効スプレー液】

葉にスプレーするだけで、【すばやく吸収!】【すばやい効き目!】

  • 葉にスプレーするだけで、すみやかに葉から吸収され、葉や根の活力を高め、植物を美しく、いきいきと育てます。
  • 臭いも少なく観葉植物やハイドロカルチャーに適しています。

一週間に一回、葉にスプレーをします。

活力剤はあくまでも栄養ドリンク!

肥料ではありません。

なので、活力剤を使っているからといって植物の成長が促されるという事はありません。

植物の成長を促すのが【肥料】

その手助けをするのが【活力剤】です。

肥料と活力剤の違いをきちんと理解し、イキイキとした植物を育てて下さいね(*^^*)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする