「ミクロソリウム・ムシフォリウム」と「ミルコメディア・ベッカリー」

今回は「荒木植物園」さんから入荷した、とっても珍しい植物をご紹介したいと思います。

「荒木植物園」さんと言えば、園芸業界で”仕入れを担当している方”なら、知らない人はいないんではないかと思うくらいに超有名な生産者さんです!(あのディズニーランドさんともお取引の実績があります。)

なぜ有名なのかと言うと、「荒木植物園」さんが生産する植物はとにかく「クオリティ」がハンパなく高いんです!

直接お話しを伺った時に、植物の生産に対しての「熱意」と「こだわり」をお聞きして、”そりゃこんだけいいもん出来るわな”、と強く感じました。(その話はとても長くなってしまうので、またどこかでお話ししたいと思います。)

そして、「クオリティ」が高いだけでなく、「荒木植物園」さんは珍しい植物を生産されている事でも有名です。

そんな「荒木植物園」さんから入荷した珍しい植物を今回は2種類ご紹介いたします。

「ミクロソリウム・ムシフォリウム」10,000円(税別)

まず一つ目はこちらの「ミクロソリウム・ムシフォリウム」です。

なかなかお目にかかれない一品です!

ワニ皮のような模様の葉から、英名を「クロコダイルファーン」と言います。

本当にワニ皮みたいな模様をしていますね。

インパクトのあるインテリアにされたい方には是非おススメです(^o^)

この「ミクロソリウム・ムシフォリウム」は現品限りでございます!

「ミルコメディア・ベッカリー」4,800円(税別)

次にご紹介するのはこちらの「ミルコメディア・ベッカリー」です。

熱帯雨林や高地雲霧地帯に生育する着生植物です。

原産地ではこのように木などに引っ付いて生育しています。

この「ミルコメディア・ベッカリー」、別名は「蟻の砦」と呼ばれていて、内部にアリを住まわせるアリ植物なんです!

アリと共存する事ができ、丸いタンク状の中でアリを外敵から守り、アリの糞などで栄養を補うとっても変わった植物です。

この部分にアリを住まわせるみたいですね。

しかし、アリ植物だからと言っても、アリが寄りやすかったり必ず住み着くとは限りませんので安心してご観賞下さい。

変わった植物を探されている方へ・・・。

よく見る観葉植物では物足りない・・・。

変わった植物が欲しい・・・。

そんな思いをお持ちのお客様には、今日ご紹介した「ミクロソリウム・ムシフォリウム」と「ミルコメディア・ベッカリー」をおススメいたします!

※LINEお友達は5%OFFとなります。

お友達になるにはこちらから。

※大阪狭山店での販売となります。

※)無くなり次第終了となりますのでご了承くださいませ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする